スポンサーリンク

最近、話題のFXについて

Uncategorized
スポンサーリンク

皆さまこんばんは。今日は私のカテゴリーにあるように、副業と言うことで、

FXでの私の儲かったこと、儲かったおかねがすぐになくなった経験をもとに

FXについて少しお話ししていきたいとおもいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デモトレード

最初は、デモトレードから始める事にしました。アメリカの金利が上昇している時期だったので、ドル高になりドル円を買っているだけで、儲かる時期でありました。

私はFXは儲かるものだと思い、本口座を

つくりました。最初は、20万円ほど入金し、売り買いを繰り返し儲かっていました。ですが、ある時を堺にマイナスを出す事が多くなりました。。。

ギャンブル取り引き

だんだん、取引きをして行くうちに1日に何十回の取り引きをやってします。トレード依存症になってしまいました。

これは、チャートを見るたびに今がチャンスだと、勘違いしてしまい何度も何度も取り引きしてしまうと言う、チャートへの依存です。

この、トレードの何が悪いのかと言うと

1.勘違いの自信がつき損切りができない

2.相場全体のトレンドを見失っている

3.手数料を無駄に払っている。

4.取引は回数が多いほどリスクも増す

この4つの中で、損切りが出来ないことと、取り引きの回数が多いと、リスクも増えると言うのはかなり大事なことだと思っております。

損切りができないと、マイナスが続き最後に口座に入れて置いたお金が全部なくなるからです。私はこれで何回もお金をとかしました。

FXは損切りができないとまずかてません。そして、取り引きの回数が増えると

リスクも増します。理想は少ない回数を取り引きして大きい利益をだすことをおすすめします。 

チャートの見方

チャートには沢山のサインがでております。ですがそのサインに気づくまでに

多くの経験を積まなければなりません。

私のおすすめはデモトレードで、チャートのくせを掴むことを、おすすめします。

どの通貨にしても必ずチャートに癖があるので、そこを掴んで頂きたいです。

時間帯によっては、かなり癖が出て来ます。ここでは詳しくは、長くなるのでまたにしますが、外国のマーケットが開く夕方はかなり、トレンドが出やすいので

そこに上手く波に乗れたら、1日の利益を確保できる確率はグンッと、あがります。

まずは、どの通貨が自分にあっているか分かるまで、何回も練習をして、体に染みつけることをおすすめします。特にポンド円は値動きが素直にすすむので、波に乗れたときはかなりの値幅を狙えます。

まだまだ、ごく一部のチャート説明ですが

これを抑えておけば、安定した利益がだせます。あくまでも投資なので、基本はその時の今後の動きをイメージしながら、取り引きをするのがおすすめです。そして、少しでもイメージした動きではなくなったら損切りをおすすめします。

資金管理が一番大切な事だと思います。

FXの破壊力まとめ

私の経験ですが、自分のルールを貫くことで、15000円を3ヶ月ほどで50万弱まで増やした事がございます。ですがルールを破ることにより、ほぼ利益がらなくなるまで溶かした経験がございます。

やはり、その時は損切りできず無理なトレードばかりしておりました。そんなこんなで今はほとんどFXはしておりません。向いてなかったです。ですがFXは極めれば間違いなく、一定の利益がでることを確信しているので資金管理ができ、ギャンブルトレードをしない方は是非チャレンジすることを、おすすめします。

FX向いている人

FXは、自分が決めたルールを守れた人こそ、利益に繋がります。デモトレードで利益を出せるようになり、そのルールで取り引きを始め、損切り、エントリー、利益確定。これをやるのが、簡単に見えてかなり難しいことです。

特に損切りは伸ばせば伸ばすほど、切れなくなってしまうので

1番大事な、基礎です。1日の利益を数分でマイナスへ引きずりこみます。

FXに向いている人を過剰書きにしみます

1.コツコツ稼ぐのが好き人

2、我慢ができる人

3、研究熱心なひと

4.感情的ににならない人  

5.人が決めたルールではなく、自分が決めたルールは必ず守る人。

これが出来てなおかつチャートを極めることができれば、かなりの確率で相場に勝ち残れると思います。

今から、始める方は参考までに少し仕組みだけでも見てみてください。

これから、どんどん不景気になると思っております。ならばやはり副業は大事だとおもっております。まだまだ私も未熟ですが

時代の流れについていけるよ努力しております。もしご興味がある方おられればデモトレードでも是非初めてみてください。

長々とご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました