スポンサーリンク

ボリンジャーバンドで勝率をあげる方法。💰

Uncategorized
スポンサーリンク

こんにちは。本日はボリンジャーバンを使って勝率が上がるパターンを紹介して行きたいと思います。

まず、ボリンジャーバンは七本の線から作られております。この分析方法は初心者から、上級者の方まで多くの投資家の方が愛用しているテクニカルです。

写真の説明から分かるように、一番外のラインが(+3シグマ)内側に行くにつれて+2シグマ、1シグマと数字が小さくなっていきます。

簡単に説明すると、ばねのような役割をしていてロウソ足が外にいけばいくほど真ん中のミドルラインに

帰ってくる確率が上がってきます。

その確率をまとめてみました

確率
+3シグマ約99.7%
+2シグマ約95.4%
+1シグマ
約68.3%

外側にいけばいくほど、戻って来る確率が大きくなりますね!

簡単じゃん!!!!!3シグマで逆張りすれば利益出るじゃん。

実は例外のチャートパターンがあるんです。これを見つけたら

ボリンジャーバンドの機能はほとんどしないから、逆張りはやめよう。

もともと、ボリンジャーバンドは逆張りをするためにできたテクニカル分析ではなく。ローソク足のトレンドの強さを測るために作られらしいので、急激な下落や上昇は順張りでついていけば大きな利益が狙えそうですね😏 

⬇️Check⬇️

もし逆張りをして利益を確定するのであれば、ミドルラインでの利益確定がおすすめです。

ボリンジャーバンドはレンジ相場での、逆張りに使うならタイミングを計ってエントリーしやすいかもしれませんね!

おすすめの時間軸は4時間足や1時間足です。大きな時間軸の方が急な値動きは少なく、機能しやすいです。

特にドル円など、大きい時間足で3シグマあたりまで、アタックしてくれば逆張りのチャンスはあるかもしれません。1分足など短い時間では逆張りの勝率はかなり下がるのでおすすめはしません。

スポンサーリンク

まとめ

このボリンジャーバンドの使いかたは人によって違うと思いますが、トレードはあなた自身が身につけた手法が1番だと考えているので、色々と試行錯誤してやって見るのがいいとおもいます^_^

今日は参考までに、、、

ご覧頂きありがとうございました☺️

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Uncategorized
スポンサーリンク
りあんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました